昔からある美容法

メイクした目

深い歴史をもつピーリング石鹸

ピーリングはクレオパトラ以外にも、ルイ14世もワインのAHAでピーリングを行っていたと言われています。 1882年には世界で初めてピーリングというものが確立されました。 これを皮切りに、1950年になるとアメリカでもピーリングが広まりはじめました。 この頃のピーリング成分に含まれていたフェノール酸とトリコロール酸が日本人の肌質と相性が悪く、日本での広がりは期待できませんでした。 ですがその後、AHAでのピーリングの研究で確立たれた治療法ができたことにより、1997年にはピーリング石鹸やジェルが多くの人に知られるようになりました。

今後期待される需要の高まり

現在では、ピーリングの質の向上により、当初のイメージは払拭されました。 また、ピーリングは医療行為として認められ、安全なものとしてたくさんの人から認知されるようになりました。 ピーリングに関する商品も多数販売されています。 その中でもピーリング石鹸はニキビ予防、にきび後、しみ、そばかす、しわなどに効果を発揮すると言われています。 肌には古い角質、汚れ、傷などがあります。 それにより肌のトーンを落としていまい、肌がくすんで見えてしまいます。 ピーリング石鹸を使うことで、これらが少しずつ除去されます。 肌は本来の綺麗な状態を取り戻すことができます。 インターネットなどにもピーリング石鹸が話題に上り需要の高まりが伺えます。